プロフィールビデオ

結婚式と言えば、ゲスト達に今一度自分たちがどのような人生を歩み、どのようにして出会ったのかを簡単に説明するプロフィールビデオはかかせません。少なくとも管理人個人はこのプロフィールビデオを抜いた式の構成となっている結婚式を経験したことがありません。親密な関係である友人・知人であれば特に紹介のいらない内容でも、職場の上司や同僚など深い仲ではないにしてもゲストとして招き、当日結婚式に参加してくれた人達への礼儀として、二人の馴れ初めを始めとする二人のプロフィールを思い出の写真と共に上映するプロフィールビデオは、結婚式になくてはならない重要な演出と言えるでしょう。このページでは結婚式で流すプロフィールビデオについてご紹介します。

簡単な紹介をプロフィールビデオで

簡単な紹介をプロフィールビデオで

ウェディング関係のお店であれば、結婚するお二人がどのようにして出会ったのか、幼い頃はどういう子供だったのかといった基本を抑えたプロフィールビデオの製作を請け負っているのが普通です。
別途費用はかかりますが、二人の名前、生年月日、生まれた当時の写真や子供の頃の写真などを提出すればナレーター付きのプロフィールビデオを作ってくれるでしょう。
プロフィールビデオに使う写真は新郎新婦が選んだ写真で構わないので、プロフィールビデオの構成についても自分で考えて「○○の説明の時はこの写真を〜」といった具合に説明する内容に併せた写真を用意するといいと思います。

ただ適当に選んだ写真だとあまり面白みのないプロフィールビデオとなりますので、ゲスト達に見せることも考えて面白く撮れている写真を数枚使うのもいいアイデアです。面白い写真だけを集めてそれらを使う、というのも面白いとは思いますがあくまで自己紹介、プロフィールビデオだと言うことをお忘れなく。

プロフィールビデオ用の撮影

プロフィールビデオは言うなれば今までの生い立ちを簡単に説明するもので、そのためには過去に撮った写真や映像が必要になります。プロフィールビデオを作る業者側としても、ビデオに使えそうな素材は多い方が助かるので多少多めに写真や映像等を渡しておくと良いでしょう。また、プロフィールビデオに使う素材として結婚衣装を付けた二人を撮る場合もあるので、ビデオ作成の準備期間も考えてビデオ作成依頼は早めにしておきましょう。式場予約の時点でウェディングプランナーからビデオ作成の有無について聞かれるとは思いますが、自分で作る、またはビデオ編集等ができる友人が周りにいないのであれば素直に専門業者に頼むのが一番です。

ビデオ制作を依頼する

ブライダル関係の業者であればプロフィールビデオ作成はお手の物です。相手はプロですから新郎新婦の要望を取り入れた満足のいくプロフィールビデオを作ってくれるでしょう。しかし、ただでさえ多額の費用がかかる結婚式ですからビデオ作成までお金をかけたくないという方もいらっしゃるはず。そこで、プロフィールビデオを自分で作るかビデオ編集ができる友人に頼むという選択肢が出てきます。写真やビデオを編集するためにはスキャナや動画編集ソフトが必要になりますが、映像に興味のある方で既にこれら編集機材を揃えているのであれば自分が好きな音楽・写真を使って自分好みのプロフィール映像を作ってみても良いでしょう。ただ、あまりにも長いと当日の式プログラムに支障が出るのでプロフィールビデオは長くとも10分程度に抑えておきましょう。

check

Last update:2017/3/13