メッセージビデオ

新郎新婦の生い立ちを簡単に紹介するプロフィールビデオを作るなら、来賓の方々への感謝の意を伝えるメッセージビデオも作ってみるのもオススメします。 メッセージビデオでは、今までお世話になった両親や親族、友人・知人・職場の人達、ゲストとして招いた皆に新郎新婦からの感謝の気持ちを写真とメッセージ で伝えるビデオです。このページでは結婚式で上映するメッセージビデオをご紹介します。

新郎新婦からのメッセージを

ブライダル関係の業者はプロフィールビデオと同じく、メッセージビデオの作成も請け負っている場合が殆どです。プロフィールビデオと違う点は、新郎新婦からゲスト達に向けたメッセージを内容としているところくらいでしょうか。作成依頼時に好きなBGMや使って欲しい写真、映像等を素材として渡し、具体的な構成等もあれば伝えておきましょう。何分、実績があってビデオ作成に絶対の自信を持つような大企業には頼んだことがないので、おおよその費用として紹介しておきますと、プロフィールビデオ、メッセージビデオにかかる費用は業者によって違いますが、プロフィールビデオは30000〜50000万、メッセージビデオは20000〜40000円程度で見ておけば問題ないかと思われます。結婚式当日はプログラムとして別枠で新郎新婦からの来賓していただいた方達への挨拶を設けていると思いますが、プロフィールビデオと併せて先に新郎新婦からの挨拶を済ませておくというのも悪くないでしょう。メッセージビデオに載せる文が思いつかないという方は、業者に頼めば今までよく使われている表現や例文を紹介してくれるのでそれらを参考にしてメッセージを考えればOKです。

新郎新婦以外のメッセージビデオ

友人からのメッセージビデオメッセージビデオは何も新郎新婦からゲストへの挨拶に限らず、結婚式に参加できない方からのお祝いのメッセージビデオとしても利用できます。招待を受けたけど何かしらの事情で結婚式に参加できないという方はこのメッセージビデオを作成して当日流して貰うようにすると良いでしょう。ただ、式場側も式全体のプログラムや準備の予定などがありますので、メッセージビデオの作成と郵送は早めにしてかなくてはなりません。もちろん先に新郎新婦に参加できない旨を伝えて、式場側にもメッセージビデオの上映を依頼しておきましょう。

参加できない方からのメッセージ映像は余興の枠として撮られることが多いと思うので、単に新郎新婦へのメッセージだけにとどめるのではなく何か面白い余興等をまじえながらお祝いのメッセージを送るという手法で作られるケースも多いようです。贈るメッセージ+面白い映像で、結婚式に参加できなくとも盛り上げることが可能です。結婚する友人がいるけど参加できないという方はご一考されてみてはどうでしょうか。

ビデオによる演出で盛り上げる

メッセージビデオに限らず、結婚式当日に上映するビデオは結婚式を大いに盛り上げてくれる非常に便利な演出道具です。費用はかかりますが、挨拶やメッセージだけで進む形式的な結婚式に比べれば、視覚的に楽しめながら見れるプロフィールビデオやメッセージビデオは結婚式を楽しく演出する道具として大変重宝します。余興の中には自分たちで撮った面白おかしい映像を流すものもありますし、結婚式の最初にオープニングムービー、最後にエンドロールを流すといった演出も結婚式を質の高いものにしてくれるでしょう。専門業者が作るビデオは特殊なエフェクトやBGM、編集によるまさにプロの技とも言える出来映えとなりますので、結婚予算に余裕があるのならば是非とも利用してみてください。

注目サイト

広島市の土地売買ならオールハウス株式会社へ
http://www.all-house.jp/

最終更新日:2016/7/27